そろそろ言おう、私が韓国人にされた事を(平成27年 4月16日)

  • 平成27年04月16日 公開
  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

話をしよう。

あれは、今から十五年くらい前だったか…まぁ、いい。

私にとっては(思い出したくもない)昨日の出来事だったが、みなさんにとっては(是非そうなってもらいたくはないが)明日の出来事かも知れない。

奴は(自演のため)幾つもの名前を使い分けていたが…そう、末期の頃は…ペガ○ス。

あいつは全く話を聞かなかったからなぁ…。

まぁ…嫌な奴だったよ。

韓国人の発想・"第三者へ中傷して廻る行為"

今、パク・クネとか言う糞ババアが世界中に日本を中傷して廻っております。

俗に言う"告げ口外交"って奴です。

制作者はこの事を聞いて、実は全然驚きませんでした。

と言うのも、実はこう言う状況を別の韓国人から受けた事があるからです。

美少女漫画誌に現れた韓国人投稿者

平成12年、今は亡き『オレンジクラブ』に突然大韓民国発を名乗る投稿が掲載されました。

彼に対し、制作者は迂闊にも友好的に対応してしまったのです。

制作者は、愚かしくも歓迎の意味を込めてハングルを調べて日韓友好を表すイラストを投稿してしまいました。

その内容は日本の晴れ着の女の子と韓国のチマ・チョゴリの女の子を並べ、クレジットを日韓二ヶ国語で書いたものでした。

下手に出れば果てしなく付け上がる───韓国人と関わった日本人なら多くの方が経験している事でしょう。

実際、彼奴もそうでした。

制作者のサイトには掲示板がない事はご存知かと思いますが、そのため制作者のメールアドレスに第三者を装ったメールで、別の投稿者二名を中傷してきたのです。

そのペンネームは自称韓流ブームを演出するために作られた、自作自演用のものでした。

  • 韓流を演出するため、一人で何人もの投稿者を演じていた訳です。

しかし、愚かな事に絵柄までは変えられず、このペンネームでの投稿は誰がどう見てもペガサ○と全く同じ絵柄でした。

まぁ、直接自分の名で他者を中傷して廻ったらどうなるかくらいは分かっていたのか、別ペンネームを名乗った訳ですが、そのメールの送信元は携帯電話でした。

皆さん、自分の携帯電話を安易に他者に貸したりますか?

もうお分かりですよね? 彼奴は自作自演で他者を貶めて自らを引上げようとしていたのです。

そう、ジ・サ・ク・ジ・エ・ンwww

彼は投稿者の公式サイトに掲示板があれば無差別に突撃しました。

酷い例になれば同人誌通販のために用意した連絡先にまでその二人を中傷する葉書を送られた方もいました。

さすがにこんな状況を目の当たりにしてまで好意的にいられるほど制作者は愚かではないつもりです。

やがて中傷の対象は他の投稿者に飽き足らず投稿担当者や編集者にまで拡大し、もはや向かうところ敵だらけと言う有り様になっておりました。

当然、その頃には制作者を含めて彼を露骨に避ける方も増える一方でした。

結局、相次ぐ投稿先となる美少女漫画誌の廃刊などの影響も受け、彼奴は次第にフェイドアウトしていったのです。


このような経験があるから、パク・クネとか言う糞ババアが各国に日本を中傷して廻る行為には何の驚きもありませんでした。

この糞ババアの行為は、まさに○ガサスがしてきた行為と同じだったからです。

そして一連の糞ババアの行為を見て「あぁ、韓国人は影で何するかわからない奴らなんだな」と言う疑念は確信に変わったのです。

加えて「韓国人とは下手に出ては絶対に行けない生き物」と言う認識が新たに産まれたものです。

以下、老婆心ながらペ○サスに一言

韓国政府は、平成27年 7月までには兵役を終えていない在日韓国人男性に対し、パスポートの発給を拒否するそうですよ。

パスポートがなければ、日本政府も永住許可を取消すしかありません。

そうなったら、貴方は否応なく不法入国者として強制送還される事になりますね。

大丈夫ですか? その辺り?

まさか、日韓両国政府を自作自演で騙せると思いますか?