貴方も私も、無理矢理犯罪者にされる!?(平成24年10月22日)

  • 平成24年10月22日 公開
  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • ラインに送る

恐ろしい世の中になったものです。

アリバイがあってもそれを調べず、拷問と誘導尋問で無い事を言わせ、適当に調書を捏造すれば「ハイ、犯罪者と点数一丁上がり!」ですから。

この事件が封建社会時代以来の"お上意識"を国民が全く持っていない米国辺りで起きたら、国民も黙っていないでしょう。

個人的に、桶川のストーカー殺人事件以来、警察が信用出来なくなりました。

更に、個人的にいろいろあって、こいつら養うのに税金なんて払いたくない!とさえ思うようになっていました。

正直、トロイの木馬より、警察と言う暴力装置の方が遙かに恐ろしいものです。

密室で、拷問、誘導尋問、何でもありですからね。

挙げ句調書の捏造までしていたのですから。

日弁連は取り調べの可視化を主張していますが、これからも絶対に国家権力(あいつら)は可視化をしないでしょう。適当に都合の良い理由を付けて。

今回は珍しく謝罪しましたが、鹿児島踏み字事件で分かるように、拷問にかけても謝罪さえしないのが国家権力(あいつら)です。

松本サリン事件で分かるように、人の人生をズタズタにしても、絶対に謝らないのが国家権力(あいつら)です。

あなたも、私も、国家権力(あいつら)と言う暴力装置に依って犯罪者に仕立て上げられる日が来るかも…。

追記:日本は法治国家ではありません

学校で起きた犯罪を徹底して隠蔽した教育長が襲撃されたとき、法治国家であってはならない事だと宣ったお偉いさんがいましたが、日本は決して法治国家なんかではありません

警察が天下りしていれば、違法行為を生業とする業界は無罪になるからです。

元制作者のサイトから。

堀北真希うさぎが女子大生役を演じる『マイティアCL』新発売時CM(昭和50年代半ば)を真似た動画

制作者の創作キャラクタ・堀北真希うさぎを使って作った動画です。

昭和50年代半ばに発売された『マイティアCL』のコマーシャル制作者の記憶を元にアレンジした仮想コマーシャル動画です。

そう言えば堀北真希ちゃんはコミックジャンボ末期頃にアイドルとして人気が出てきたんですよねえ…。