新年早々不愉快なニュースが次々と…。

平成25年も始まってまだ一月経っていないのに、不愉快なニュースが次々来るものです。

北海道の東方イヴェント(続き)

前回話題にした、東方プロジェクト関連イヴェントの中止問題は、便乗犯に依るイヴェント潰しの結果だったと言います。

ギガジンの記事の中にこんな意見がありました。

日本は通常の国よりも治安が良い割に責任を取ろうとすることすら非難の対象となる(人命をお金儲けのため危険にさらしているということで非難される)ため、「警察沙汰にしないのが一番よい」「責任を誰も取らないようにするには脅迫通りにするのが一番よい」ということになりがちであり、逆にそうやって脅迫に屈することが他の不安定要因、例えば「その他の脅迫リスク」「モラルハザード」「継続リスク」につながるということが基礎知識として周知徹底されず、その場しのぎでなんとかすればいいという場当たり的な対応が通常対応になりつつあります。

確かに、植木等ではないですが、この世は"当代無責任"なもので(まぁ、後述しますが教育界のドグサレっぷりもそうですしね)、事なかれなぁなぁ主義が当り前の処世術とさえ思われております。

ただ、何度も言いますが、同人イヴェントの主催者に万が一の対応が完全に出来る能力があるとは思えません。

  • まぁ、警察も黙って中止しろとしか言えないのが何とも情けないのですが…。

それにしても、北海道のイヴェントだからこの程度で済んだかも知れませんが、東京の東方プロジェクトオンリーイヴェント『博麗大社例大祭』まで同様の事態になったらどうなるでしょうか。

『例大祭』は東京ビッグサイトを利用しますので、下手すればコミケットにもまた影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

何れにしても、このままでは他ジャンルも同様の事態になる恐れは全く否定出来ません。

早く犯人を捕まえて欲しいものですが…。

暴力が支配する最低極悪の学校

制作者は、予てから学校の教師は人間のクズばかりだ言って来ているのですが、まさか大昔にある少女漫画で読んだ女子中学生の台詞:

  • あんたなんか教師じゃない、教師の皮を被ったヤクザよ!

と言うのが現実にあるとはねえ…。

  • ちなみに、この台詞を暴力教師に言い放った女子中学生は、その直後本当にその暴力教師に殺されかけました。そして、その結果、この暴力教師の悪行が明らかになりめでたしめでたし?だったのですが。

何が愛のムチだよ。

暴力行為に愛情も糞もあるかって言うんだよ。

しかも、OB共までもがこう言って擁護してると言うのですから、最早大阪市立桜宮高等学校に自浄能力は全くないってのは明らかです。

それこそ、学校の皮を被った暴力組織など、今すぐにでも廃校にして貰いたいくらいです。

橋下市長もさすがにはそこまで言わないものの、体育科の募集を停止しろと命じたそうですが、こんな英断がすぐ出来る為政者ってどれだけいるのですかねえ。

  • 個人的には橋下さんは余り好きではなかったのですが、正直この一言で惚れましたよ。

ついでに文部科学省もこれだけの事が明らかになったのだから、桜宮の教師の皮を被った外道どもの教員免許を今すぐ取り消せって言うのです。

  • 何しろ一人だけの行為でないって言うのですから…。