掲載記事

平成29年のコミケットではわいせつ修整がより厳しく

  • 平成29年07月13日 23時18分 公開

平成29年の夏季コミケットに於いて、"わいせつ表現"に対しより厳しい修整を求める事が準備会より発表されました。

具体的には、

  • 男性器について棒線で消すいわゆる"ディケイド消し"をする場合は従来より太い線で消さなければならない
  • 女性器は"ディケイド消し"では不可で完全に塗り潰さなければならない

と言うものです。

一般に同人誌印刷業者はコミケット準備会には協力的であり、このため上記を遵守していない原稿は印刷業者が取扱を拒否する可能性が高まります。

また、在庫についてこの条件を満たしていない事が考えられ、結果平成29年のコミケットでは頒布出来なくなる恐れがあるでしょう。

突然の発表の背景は?

平成29年はかつてのコアマガジン社のような商業での事件は起きておらず、いきなり下されたと言う感じが拭えません。

一体何があったのでしょうか?

五輪絡みか?

平成32年東京五輪が近づいている事から、わいせつ表現に対してより厳しい自主規制を敷くよう要請でもあったのでしょうか。

会場の東京ビッグサイトは東京都港湾局の設備であり、貸出契約時に港湾局を通じて都からの要請が出されたのでしょうか。

日本は何のかんのと言いながらも性表現にはそれ程うるさくはありませんが、海外には性表現にかなりうるさい国もあります。

そう言った国の関係者の目に留まると拙いので、より厳しく自主規制して欲しいと言う事でしょうか。

テロ準備罪はないよね…?

もう一つ、この発表があった頃は平成29年 6月。

ちょうどテロ準備罪関連の審議があった頃でした。

反日左翼やした朝鮮人に中共等が必死に反対しておりましたが、成立する流れは止められるものではありませんでした。

もっとも、わいせつがテロとどう言う関係があるのでしょうか?

そう考えると有り得る話ではありませんし、仮にそうだとしたら過剰反応に過ぎません。

強きにへつらい、弱きをしばく検察

  • 平成29年07月13日 22時52分 公開

違法な残業を強要して社員を死に追い込んだ電通の一件について、東京地検はあろう事か略式起訴でお茶を濁そうとしました。

勿論、役員は起訴猶予と事実上無罪放免としました。

ところが、東京簡易裁判所は「略式起訴で済ますべき事件ではない」と審理を拒否、東京地方裁判所送りにしました。

これに依り、東京地検のごまかしは無意味になりました。

検察に正義感はあるのか?

実は電通ではこの一件の前にも社員を死に追い込んでおり、これまでに二人を殺した事になります。

個人の行為であれば死刑まであるにも関わらず、略式起訴で誤魔化そうとした日本の検察に正義と言う概念はあるのでしょうか?

過去にもあった強きにへつらう事件

かつて、大物政治屋が汚職事件を起こしたときも、上申書とやらの紙切れ一枚で起訴しなかった事から全国的に非難を浴びました。

その際には義憤を覚えた国民が検察庁にペンキを浴びせて逮捕されましたが、この人も紙切れ一枚出せば釈放したんでしょうね?

結局

結局のところ、検察なんて強きにへつらい弱きをしばく存在でしか無いのでしょう。

東京簡易裁判所のほうが余程公正且つ正義に則っていたのです。

しかし、これではせっかくテロ準備罪を創設しても、意味がなくなってしまうのではないかと不安でなりません。

祝・テロ等準備罪新設!

  • 平成29年06月15日 15時25分 公開

テロ等準備罪などを盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が、平成29年 6月15日朝成立しました。

自由民主党の議員の皆様、本当にお疲れ様です。

日本商工会議所会頭はこの法改正を「安保の基本的インフラ」と評価されましたが、まさに仰る通りです。

テロ等準備罪が必要な例

沖縄の反基地デモは現地人よりも極左過激派や下朝鮮人がなどが多数介入しております。

反基地活動家の中には航空機の航行を妨害する行為に及んだ者もおります。

この手の行為は重大な事故に繋がる恐れがあり、明らかなテロ行為です。

こう言った行為を未然に防ぐには、起きてから立件するのでは遅いのです。

根絶するには、準備段階で抑える必要があるのです。

与党は議論を尽くさなかったか?

朝日新聞や東京新聞など、反日偏向アジビラもとい新聞は早速「話合いを尽くさず強行採決した」と喚いております。

ですが、本当に話合いをしなかったのでしょうか?

共謀罪が浮上したのは昨年の事で、与党は何ヶ月もの間話合いの場を持とうとしました。

一方、野党どもは話合いに応じる事もなくただただ反対反対と喚いていただけではないですか。

都合が悪くなると話合いだのと言ってまるで一方的に決めたように喧伝していますが、実際には話合いの場を何度となく設けているのです。

ちなみに、朝日新聞が推している民進党の前身・民主党は僅か二週間で強行採決に踏み切った事もあったのですが、そのときには何故非難しなかったのですかね?

反対勢力の正体は?

東京新聞などは共謀罪強行採決など、ありもしないデマを一面トップで書いております。

  • 実際には、テロ等準備罪をただただ反対反対と喚くだけの奴らを排除して決議しただけです。

この手の案件になると、必ず以下の反日勢力が必死になって阻止しようとします:

  • 日共 & 民進トンスル党
  • 極左過激派 & 自称・市民運動家("テロ市民"もとい"プロ市民")
  • 朝日新聞, 東京新聞, 沖縄タイムズ, 琉球新報などの反日メディア
  • 中共・朝鮮人(アルカニダ)

安保関連や特定機密保護法などもそうでしたが、これらのいずれかが欠落した案件は一つもありません。

つまり、反日勢力は完全に輪つなぎの構造になっている訳です。

案の定、今回も国会議事堂周りには日本人は使わない漢字(簡化字)や日本人は使わないオンモンで書かれたプラカードを上げた奴がいました。

沖縄のデモでも、やはりオンモンで書かれたビラや横断幕が見られます。

  • 入管も警察もこの手の反日活動或いは内政干渉に来た朝鮮人や中共人はさっさとふん捕まえて強制送還しろよな…。
  • そもそも、こんな危険な連中にノーヴィザで入国させるなや…。

つまり、日本の反日勢力は下朝鮮人や中共などを利用して活動している訳ですが、これって外患誘致と言うのでは?

個人的にはこう言った連中の正体が国に依って暴かれて壊滅させられるのが楽しみです。

逮捕者第一号は、何処になるでしょうかねえ~。

セブン-イレブンの売場改革が雑誌業界に与える影響

  • 平成29年06月13日 16時56分 公開

随分お久しぶりの更新になりました。

さて、今回の更新に先立ち、日記配信システムを新しいシステムに変更しております。

しらぎくさいと日記成年向け日記に使っている自作システムをこちらにも使う事にしました。

今までの記事については一部を除いて全て新システムにデータを移行しております。

セブン-イレブンが売場を大幅に改革する

さて本題です。

ネットを廻っていたら気になった話題がありました。

コンヴィニエンスストア業界最大手のセブン-イレブンが、売場を大幅に変えると言うのです。

売場の模様替えならそれ程珍しくはないのですが、問題はその内容です。

具体的には食品以外の売場、特に新聞・雑誌・書籍の売場を大幅に縮小すると言うのです。

成年向けから一般向けに転換してもダメ

エロ本出版社あるいはその流れを汲む出版社の多くは、コンヴィニエンスストアに依存した戦略を立てております。

十年以上前の事ですが、多くの店舗で成年向け雑誌の売場を半減させました。

その際に縮み切ったパイを奪うのを諦め、一般向け雑誌に主力を移したところも多かったと思われます。

しかし、今回は一般向け雑誌の棚も減らされる事になります。

ジャンプ, マガジン, サンデーや文春, 新潮など一定の売上が期待出来る大手雑誌なら、何とか居場所を確保出来るでしょう。

でも、そうでないところは更に熾烈な売場争奪戦に入る事になるのは避けられません。

セブン以外も追随する可能性

そしてもっと怖いのは、セブン-イレブン以外に波及する可能性が極めて高い事です。

最大手雑誌の週刊少年ジャンプにしても既に最盛期の勢いは全くありません。

今や雑誌はコンヴィニエンスストアの主力商品ではなくなってしまったのです。

否、それどころか一部の大手雑誌を除けば、もはやお荷物にしかなっていないでしょう。

コンヴィニエンスストアは、特に食品などでは勢いが落ちると"死に筋"として取扱をやめてしまいます。

今後は雑誌も"死に筋"にされる確率が高まっていく事でしょう。

雑誌業界は更なる危機に…?

コンヴィニエンスストアは確かに店舗数が多く、しかも営業時間が長いため最高の販売チャネルとなっております。

ですが、取扱ってもらえる可能性が今後大幅に減らされる事は否定出来ません。

もっとも、もう十年くらい前から既に雑誌業界は青息吐息になっております。

何とか生き存えている出版社の中にも、今度こそ耐えられなくなるところが現れるかも知れません。

平成28年クリスマス動画(平成28年12月15日)

  • 平成28年12月15日 00時00分 公開

先ずは、チラシの裏から。

幾つものウェブログを持っているので、なかなかこちらの更新が出来ずにおります。

  • まぁ、それはウェブログを始める前からですが。

題材はない訳ではないのですが、内容に依ってはいろいろ拙そうかなと思う事もあり書かなかったりします。

まぁ、使っているウェブログは全て無償サーヴィスなので、そっちに書いたらアカウント剥奪になりそうなネタはこっちに書くと良いのかも知れませんが。

間もなく、平成28年冬季コミケットになりますが、相変わらず平成31年問題解決の(いとぐち)は掴めていないようです。

本題・クリスマス動画。

さて、を作りました。

本拠地サイトにはおまけクリップを二つ付けた動画を公開しておりますが、こちらでは取り敢えず本篇のみの動画を上げておきます。

  • 師走で忙しいときに配布したからか、全く反応がないのですがorz

今回は、制作者の創作キャラクタと、実妹・うさ耳女子中学生のクリスマス・イヴを動画にしております。


生身の女優を"俺の嫁"なんて言い張っている方は余りいないと思いますが、制作者がまさにそうでした。

堀北真希ちゃんは既に結婚しましたが、だからと言って俺の嫁と言い張った以上安易に浮気する気にはなれません。

  • 正直、堀北真希ちゃんを忘れさせてくれるアイドルがいないのです。

一方、二次元の世界は三ヶ月で入れ替わる世界で、長きに亘って俺の嫁と言えるようなキャラなど逢える筈もありません。